永住許可 原則10年在留に関する特例

  • 永住許可 原則10年在留に関する特例 はコメントを受け付けていません。
永住10年特例

永住許可 原則10年在留に関する特例

永住許可には原則10年の在留が必要ですが、特例としてその期間が短縮される場合があります。

① 日本人、永住者及び特別永住者の配偶者の場合、実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き本邦に1年以上在留していること。この実子等の場合には1年以上本邦に継続して在留していること。

② 「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること。

③ 難民の認定を受けた者の場合、認定後5年以上継続して本邦に在留していること。

④ 外交、社会、経済、文化等の分野において我が国への貢献があると認められるもので5年以上本邦に在留していること。

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 医療事務 ビザ不許可

    2017-4-3

    (留学→就労)「医療事務」案件で、ビザ不許可大量発生中

    医療事務の資格があっても、留学→就労へビザ変更は認められません! 毎年、留学から就労資格への在留資…

ピックアップ記事

  1. 医療事務 ビザ不許可
    医療事務の資格があっても、留学→就労へビザ変更は認められません! 毎年、留学から就労資格への在留資…
  2. 在留資格変更申請・真っ盛り! 当事務所にとって最も忙しいシーズンが到来中 3月は、留学ビザか…
  3. 上陸特別許可申請
    上陸特別許可(どのような場合に上陸特別許可されるか) 「上陸特別許可」は、法務大臣の裁決の特例とし…

話題をチェック!

  1. 医療事務 ビザ不許可
    医療事務の資格があっても、留学→就労へビザ変更は認められません! 毎年、留学から就労資格への在留資…
  2. 在留資格変更申請・真っ盛り! 当事務所にとって最も忙しいシーズンが到来中 3月は、留学ビザか…
  3. 上陸特別許可申請
    上陸特別許可(どのような場合に上陸特別許可されるか) 「上陸特別許可」は、法務大臣の裁決の特例とし…
ページ上部へ戻る
Translate »